実損払い

読み方: じっそんばらい
分類: 保険|損害保険

実損払いは、損害保険の用語で「実損てん補」とも呼ばれ、保険事故の際の保険金の支払方法の一つで、保険事故によって損害が発生したとき、保険契約時に予め定めた保険金額(契約金額)を上限として、実際の損害額を保険金として支払うことをいいます。

一般に自動車保険火災保険家財保険などの損害保険の保険金は、「実損払い」が基本となりますが、傷害保険等では、生命保険と同様、予め定めた保険金額が支払われます。なお、事故時の支払保険金については、損害額から自己負担額を差し引いたものとなります(自己負担額がある場合)。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!

インズウェブ自動車保険一括見積りサービス