損害賠償責任

読み方: そんがいばいしょうせきにん
分類: 損害保険(仕組み)

損害賠償責任は、故意または過失により、他人の身体または財物に損害を与えた場合、民法の規定により、その損害について、原則として金銭で賠償する責任を負うことをいいます。これは、自動車事故(交通事故)に関しては、民法以外に、自動車損害賠償保障法の規定も適用されます。また、損害賠償とは、契約違反や不法行為などにより損害を受けた者(将来得られるはずだった利益を失った場合を含む)に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすることをいいます。

一般に個人の損害賠償責任については、保険会社で販売される「損害保険」で対応することが可能です。具体的には、交通事故の賠償は「自動車保険(対人賠償保険、対物賠償保険)」で、日常生活の賠償は「個人賠償責任保険」や「セット保険(付帯)」で、また旅行中やレジャー中の賠償は「旅行保険」や「レジャー保険」などで対応することができます。