少額短期保険業者/ミニ保険会社

読み方: しょうがくたんきほけんぎょうしゃ
分類: 保険|保険会社

少額短期保険業者は、「ミニ保険会社」とも呼ばれ、保険業法上の保険業のうち、一定事業規模の範囲内で少額・短期の保険の引受けのみを行う業者をいいます。これは、当初は法律の規制を受けずに保険と似た商品を扱ってきた「無認可共済」の受け皿として制度が作られた経緯があり、2006年4月の保険業法改正で認められた新しい形態の保険会社を指します。具体的には、商品や事業規模に制約がある代わりに、最低資本金が保険会社の100分の1の1000万円で済んだり、金融庁の保険免許を取らずに各地の財務局の登録で済んだりするなど、通常の保険会社より参入要件が緩やかなのが特徴となっています。また、生保と損保を兼営することが認められたり、新商品を迅速に開発できたりするなどの利点もあります。

一般に少額短期保険業者は、取扱う保険商品を数種類に絞り込み、医療や傷害、地震、ペット、家財、葬儀など、独自サービスで大手生損保が手掛けにくいニッチ市場を開拓することが多いです。また、経費(コスト)を抑えて保険料が割安なことが多い反面、保険金額が不十分だったり、大手生損保と比べて財務基盤が見劣りするケースもあります。そのため、実際の利用にあたっては、加入済の保険で保障補償)に不安が残る部分を補う形で、これらの商品に加入するケースが多いです。なお、金融庁のウェブサイトでは、全国の財務局に登録されている少額短期保険業者のリストが提供されています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!

インズウェブ自動車保険一括見積りサービス