キャピタルロス

英語名: Capital loss
分類: 運用損益

キャピタルロスは、ある運用資産(投下資本そのもの)の価格変動(市場取引)によって被った損失(売却損、譲渡損、差金決済損など)のことをいいます。具体的には、株式・債券・投資信託等の「有価証券の売却損」、信用取引・先物取引・オプション取引・外国為替証拠金取引・CFD取引・仮想通貨取引等の「差金決済損」、不動産(土地、建物)・ゴルフ会員権・絵画・骨董品・貴金属(金、銀、プラチナ・・・)等の「譲渡損」などが挙げられます。

一般にキャピタルロスは、資産運用において、投下資本が大きいほど、またレバレッジが高いほど大きくなります。通常、この損失については、取引の対象によっては、税務面で損益通算ができたり、損失の繰越控除ができたりするので、万が一の損失が出た場合も考慮して、税制上の優遇(処理)面もチェックしておきましょう。