難平(ナンピン)

読み方: なんぴん
英語名: Average
分類: 投資手法

難平(ナンピン)は、マーケット(相場)が予想とは逆に動いた場合などに、平均売買コストが有利になるように追加売買を行うことをいいます。これには、買いポジションで、相場が下落して評価損が出た時に、平均買付コストを下げるために、さらに買付けを行う「ナンピン買い」と、売りポジションで、相場が上昇して評価損が出た時に、平均売付コストを上げるために、さらに売付けを行う「ナンピン売り」の2つがあります。通常、本手法は、株式投資(現物取引、信用取引)で使われることが多いですが、その他に、投資信託や外貨預金、外国為替証拠金取引、先物・オプション取引などでも使われます。

一般にナンピンは、相場が予想とは逆に動き続けたり、さらに変動したりした場合に、ポジションが大きく膨らむと共に評価損も大きく膨らみ、運用状況が大きく悪化することになるので、無計画なナンピンは絶対に避けるべきです。また、ナンピンで失敗した場合、塩漬けにして損切りが中々できず、損失を大きく膨らませることが多いので、投資手法としてはリスクが結構高いと言えます。