トレーリングストップ

英語名: Trailing Stop Order
分類: 注文方法

トレーリングストップ(トレイリングストップ)は、「トレール注文」とも呼ばれ、簡単に言えば、逆指値注文(ストップ注文)に値幅指定機能を付けた注文方法をいいます。これは、保有するポジション含み益がある時、トレンドに乗ってさらに収益を拡大する際に、利益確定の逆指値注文を指定の値幅で自動更新したい場合などに活用します(注文と同時に付けられる会社もあり)。

一般にストップ注文において、値動きによって逆指値価格(ストップレート)を引上げたり、引下げたりする手法を「トレーリング」と呼び、通常、トレーリングストップでは、価格(レート)が動くと常に一定の値幅でストップレートを自動的に修正してくれるため、トレンドの流れに付いていくことができます(利益の拡大が進んでいる間は、ストップレートが有利な方向に更新され、それが逆転した場合は最新のストップレートで清算される)。

なお、トレーリングストップは、一部の会社でしか対応していないため、この注文方法が利用できない場合は、ストップ注文を使って、自分で値動きを見ながら、手動で逆指値価格を随時設定することで代用します。