利殖

読み方: りしょく
分類: 概念

利殖は、資金を効率的に運用し、利子や配当金などによって財産を増やすことをいいます。また、利殖商法とは、「利殖勧誘事犯」とも呼ばれ、手持ちのお金を増やしたいという利殖願望につけ込み、未公開株や社債、ファンド、外国通貨などの取引を装って「値上がりが確実、絶対に損はしない、元本は保証する」などと言って勧誘し、購入代金や出資金などを騙し取る商法(犯罪)をいいます。

一般に「利殖」という用語は、金融機関などでは使われず(代わりに「投資」や「資産運用」が使われ)、日常的には、何らかの怪しさや欲望(金銭欲)を感じさせられることが多いです。