金融政策

読み方: きんゆうせいさく
英語名: Monetary Policy
分類: 日本経済|政策

金融政策は、一国や一通貨圏の経済の安定と成長を図ることを目的に、中央銀行が行う金融調整をいいます。これは、政策金利公定歩合の操作、公開市場操作、預金準備率操作(支払準備率操作)などの手段を活用し、金利や通貨供給量を調節することで、物価の安定を図り、経済の動きを調整するものです。

一般に世の中においては、物が売れない、失業者が増加するなど不況に陥り、デフレーションが起こることもあれば、景気が過熱してインフレーションが起こることもあり、どちらも好ましい状況ではありません。このような状況に対して、中央銀行は、不況やデフレの時には金融を緩和して経済活動が活発になるように努めたり、インフレの時には金融を引締めて経済活動を落ち着かせようとします。

現在、日本においては、金融政策は日本銀行が担当し、物価(モノやサービスの価格全体)の安定のために、金融政策の決定と実行に当たっています。なお、日銀のウェブサイトでは、「金融政策とは、公開市場操作(オペレーション)などの手段を用いて、金融市場における金利の形成に影響を及ぼし、通貨および金融の調節を行うこと」と表記されており、また金融政策運営の基本方針は、日本銀行政策委員会の「金融政策決定会合」で決定されます。