ベースロード電源

読み方: べーすろーどでんげん
分類: 日本経済|電力供給

ベースロード電源は、「ベース電源」とも呼ばれ、一定量の電力を安定的に供給できる電源をいいます。これは、エネルギー基本計画を策定する政府が使う用語で、コストが低く、季節や天候に左右されず、昼夜を問わず安定的に発電できる電力源を指し、現在、原子力や石炭火力、水力、地熱などが該当します。また、ベースロード電源以外に、「ミドル電源」や「ピーク電源」といった分類も使われます。通常、ミドル電源は、ベースロード電源の次に発電コストが低く、電力需要に応じて出力を機動的に調整できる電源で、石油より地政学的リスクが低く、地球温暖化ガスの排出量が少ない液化天然ガスなどが該当します。一方で、ピーク電源は、発電コストが高い電源で、夜間帯にくみ上げた水を日中のピーク時に使う揚水式発電や石油火力などが該当します。なお、天候などで発電量が変わる風力や太陽光などは、いずれの分類にも該当しません。

一般に様々な電力源のうち、ベースロード電源の比率が高まれば、消費者や企業などへの電気料金の引き下げにつながると考えられます。なお、2014年に閣議決定されたエネルギー基本計画では、政府は原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置づけ、安全性に配慮しながら再稼動すると同時に、一般水力発電や地熱発電など多様な電力源をベースロード電源とする方針を示しました。

●地熱

日本の地熱資源量は世界第3位で、発電コストも低く、安定的に発電を行うことが可能。

●水力

渇水の問題を除き、安定供給性に優れた電力源で、一般水力発電は運転コストが低い。

●原子力

低炭素の準国際エネルギー源と位置づけられ、運転コストが低廉で変動が少なく、運転時には温暖化ガスの排出もない。また、安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安定性にも寄与。

●石炭

安定性や経済性に優れた重要な電源として再評価されるも、国際的には脱石炭の流れ。最先端のIGCCなどで、環境負荷を低減しつつ活用を図る。