一般財源

読み方: いっぱんざいげん
分類: 日本経済|財政

一般財源は、国や地方自治体の財政において、使途に指定がなく、自由に使える収入(財源)をいいます。これは、主に都道府県や市町村(特別区を含む)で使われる用語で、地方自治体の財源を収入の使途別に分類した場合、いかなる経費についても使用できる「一般財源(地方税、地方譲与税、地方特例交付金、地方交付税等)」と、一定の使途にのみ使用できる「特定財源(国庫支出金や地方債等)」の二つに区分されます。また、一般財源のうち、毎年度連続して経常的に収入があるものは、「経常一般財源」といいます。