代表質問

読み方: だいひょうしつもん
分類: 日本経済|政治

代表質問は、日本の議会において、党や会派などを代表して質問することをいいます。これは、国会では、首相や閣僚による演説の後、各党・会派の代表による質問を指し、通常、野党第一会派の代表、与党会派の代表、その他の各会派の代表の順に行われます。また、通例として、質疑の前日に議院規則に基づき、各会派から議長あてに質疑通告が提出されます。

なお、代表質問は地方議会でも行われますが、市町村議会では、主に予算を扱う議会と決算を扱う議会で首長が直接、各党・会派の代表者による質問に答弁するものをいうのに対して、都道府県議会では、国会とは異なり、代表質問に相当するのを「質疑」、代表以外の議員が本会議場で登壇して行うのを「一般質問」としています。