暫定予算

読み方: ざんていよさん
分類: 日本経済|財政

暫定予算は、国の本予算が会計年度の開始(4月1日)までに成立しない場合、国会の承認を得て暫定的に実行される予算をいいます。これは、衆議院の解散や予算編成の遅れ、国会審議の遅延などの諸事情によって、国の予算の成立が遅れてしまう場合に、財政法において、本予算成立までの短期間(予算の空白期間)を乗り切るために暫定的な予算を編成し、国の財務管理を行なうことが認められているものです。(暫定予算が適用されている期間内は、正式な予算配分は未定)

一般に暫定予算の期間は、1カ月から3カ月くらいで、その内容は国家機関の日常的活動に必要な基準的経費(義務費)に限定すべきものとされ、また本予算が成立すれば、暫定予算は本予算に吸収され、暫定予算として執行されたものは本予算の執行とみなされます。