議員立法

読み方: ぎいんりっぽう
分類: 日本経済|立法

議員立法は、衆議院と参議院の両院の国会議員や委員長(委員会)が発議し、国会に提出する法律案(法案)をいいます。これは、国会において成立する法案の大多数が行政府である内閣が提出する「閣法」と区別する際に使われる用語で、現在、法案の提出にあたっては、提案者のほか衆議院は国会議員20人以上、参議院は10人以上(予算関連法案は、衆議院50人以上、参議院20人以上)の賛成者が必要となっています。また、法案の作成にあたっては、両院にそれぞれ設置された議院法制局が議員に協力します。ちなみに、米国では、厳格に三権分立が確立されているため、大統領には連邦議会に対する法案提出権が認められておらず、議員立法のみとなっています。

一般に日本の議員立法は、野党側が政治姿勢を示すために提出するケースが多いですが、実際に国会で成立することは非常に少ないです(審議されることなく、廃案や継続審議となることも多い)。その一方で、実際に議員立法として成立する法案については、超党派の議員が熱心にその問題に取り組んでいたり、新しい価値観に基づいたりしたものなどで、政府が前面に出て参画しにくいものであることが多いです。