春闘

読み方: しゅんとう
分類: 日本経済|労働

春闘は、「春季闘争」の略で、賃金引き上げなど労働条件改善の要求を掲げて、毎年春に行う全国的な共同闘争のことをいいます。これは、各企業等の労働組合が、全国中央組織の労働団体や産業別組織の指導・調整のもとに、毎年春に賃金引き上げ等を中心とする要求を各企業等(経営側)に提出し、団体交渉を行うもので、1950年代半ばから始まったと言われています。通常、2月頃に大手企業が最初に交渉を行ない、その年度の労働条件がどのように変動するかが大よそ決まり、その後、中小企業がその基準をもとに交渉を行ない、3月頃までに大半の企業の春闘は終了します。

その昔、日本の高度成長期には、賃金も右肩上がりで賃上げが中心でしたが、バブル崩壊後の1990年代半ば以降は、賃上げ率が大きく低迷し、雇用の維持や労働時間の短縮、育児支援の充実など、労働組合側の要求は多様化しています。なお、春闘の時期以外にも、年末一時金(賞与)や休暇制度など、様々な課題について労使交渉が適宜行われています。