人事院

読み方: じんじいん
英語名: National Personnel Authority
分類: 日本経済|行政

人事院は、日本において、内閣の所轄の下に置かれる、国家公務員の人事管理を担当する中立的な第三者・専門機関をいいます。これは、国家公務員法では「中央人事行政機関」と定められており、また具体的な業務としては、能力・実績に基づく人事管理、人材の確保・育成、適正な給与制度の実現、働きやすい勤務環境の実現、災害補償、規律・倫理の確保、不利益処分等の救済などを担当しています。

人事院の役割

●人事行政の公正性の確保

公務員人事管理の公正性が確保されるよう、人事院が採用試験、任免の基準の設定、研修等を実施している。

●労働基本権制約の代償機能

労働基本権制約の代償措置として、給与等の勤務条件の改定等について国会及び内閣に勧告している。

●人事行政の専門機関

人事行政の専門機関として、国内外の人事制度の調査・研究を行い、時代の要請に応える人事施策を展開している。

人事院の組織

●合議制機関

人事官3人(内一人は総裁)

●事務総局

事務総長、官房部局、職員福祉局、人材局、給与局、公平審査局、公務員研修所、地方事務局(所)

●国家公務員倫理審査会

会長・委員4人、事務局