レギュラトリー・サンドボックス

英語名: Regulatory sandbox(RS)
分類: 日本経済|制度

レギュラトリー・サンドボックスは、「規制の砂場」とも呼ばれ、政府が革新的な新事業を育成する際に、現行法の規制を一時的に停止する規制緩和策をいいます。これは、元々は英国において、フィンテックのイノベーションや競争促進を目的とした「プロジェクト・イノベート(Project Innovate)」の施策の一つで、革新的な商品・サービス等の育成に向け、政府が事業者に対して、現行法を即時適用することなく、安全な実験環境を提供することでイノベーションを促進する取組みであり、日本でも経済成長につながると判断され、成長戦略の一つとして導入されました。

一般にレギュラトリー・サンドボックスは、現行の法制度が想定していない革新的な商品・サービスに対して適用され、企業が当局と相談して試験事業を始め、各種問題を「走りながら考える」という仕組みであり、具体的な対象として、フィンテックや人口知能(AI)、個人情報の加工・分析サービス、IoT技術、スマートシティなどが挙げられます。ちなみに、レギュラトリー・サンドボックスという呼称は、小さな失敗を許容して試行錯誤させることから「砂場(サンドボックス)遊び」に喩えれられたことに由来します。

<レギュラトリー・サンドボックスの仕組み>

1.制度を利用する企業が新事業の構想を政府(所管省庁)に届け出て、所管省庁が内容を審査する。

2.企業と所管省庁の間で試験事業を検討し、妥当と判断されると許可がおりる。

3.試験期間中は、各業法で定められている手続きや規格などを満たしていなくても、所管省庁は違反状態の是正を求めることはしない。ただし、消費者等に損害を与えるような事態を回避するために、共同でモニタリング体制を構築する。

4.試験結果を政府に報告すると共に規制の在り方を提案し、これにより政府の方で「規制見直し」が検討される。