清拭

読み方: せいしき
英語名: Bed bath
分類: 介護|処置

清拭は、一般的な意味では、濡れた布で拭いた後、仕上げとしてさらに乾いた布で拭くことをいいます。これは、看護介護において、入浴できない患者や要介護者の身体をタオルなどで拭き、身体を清潔にすると共に血行をよくするもので、身体の保清と皮膚面の刺激、気分転換、精神の安定を図るのに有効な処置となっています。その種類としては、「全身清拭」と「部分清拭」があります。

一般に清拭は、食事の前後1時間は避け、全身状態をチェックしながら行います。その順番としては、手足から始め、段々と心臓に近い部分を拭いていき、その拭き方については、一方向に拭き、タオルを往復させないようにします。また、肘・膝・胸・腹・腰・尻はタオルで円を描くようにし、背中は背骨を中心にして左右をそれぞれらせんを描くようにします。なお、冬期については、風邪を引かないように、室温を24度前後に保ちながら行うようにします。