ショートステイ

英語名: Short stay
分類: 介護|サービス

ショートステイは、「短期入所」とも呼ばれ、公的介護保険における要介護者への在宅サービスの一つで、老人短期入所施設特別養護老人ホームなどの福祉施設に短期間入所し、在宅の寝たきり老人等を世話する介護者に代わって、入浴・排泄・食事等の日常生活の世話(介護)や機能訓練(リハビリテーション)などが受けられる介護サービスをいいます。これは、利用者家族にとっては、一定期間、在宅介護から解放されることで、自分の時間を持つことができたり、休養できたりするなど、日常の介護負担の軽減を図ることが可能で、また利用者家族の病気や冠婚葬祭、出張などで一時的に在宅介護が困難な時にも役に立ちます。

一般にショートステイには、「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」の二種類があり、入所する施設の種類によってそれぞれ異なります。また、利用者が入所する場合、基本的には、短期入所先の介護施設で暮らす入居者と同じ生活をすることになります。なお、本サービスを利用するには、担当のケアマネージャーに依頼するか、もしくは担当のケアマネージャーがいない場合には各施設の支援相談員に連絡するとよいでしょう。