介護老人福祉施設

読み方: かいごろうじんふくししせつ
分類: 介護|施設

介護老人福祉施設は、「特別養護老人ホーム」とも呼ばれ、介護保険法に規定される介護保険施設の一つで、常時介護を必要とする65歳以上の人に対して、介護や日常生活上の世話などを行う施設をいいます。これは、主に社会福祉法人や地方自治体などが開設し、身体上または精神上の障害により常に介護が必要で、かつ居宅(家庭)での介護が困難な人が対象となっており、要介護度1~5の人が利用できます。また、入所すると、食事や排泄、入浴など日常生活の介助や機能訓練(リハビリテーション)、健康管理等が受けられます。

一般に介護老人福祉施設は、有料老人ホームなどより、比較的低料金で終身利用できるため、希望者が非常に多く、待機者も非常に多いです。また、料金(費用)については、要介護度や部屋のタイプなどによって異なり、自己負担は施設サービス費の1割もしくは2割のほか、居住費や食費、その他の費用が別途かかります。通常、4人部屋などの「多床室」で月数万円から十数万円、「新型(全室個室)」で十数万円といった例が多いそうです。なお、申し込みについては、各施設や行政の窓口などで行われます(対応できる医療が限られ、入所できない場合もあり)。