介護利用型軽費老人ホーム

読み方: かいごりようがたけいひろうじんほーむ
英語名: Care house
分類: 介護|施設

介護利用型軽費老人ホームは、「ケアハウス」とも呼ばれ、老人福祉法が定める軽費老人ホームの一つで、高齢者が低額な料金で入居することができる、日常生活で必要な便宜を供与することを目的とした施設をいいます。これは、身体機能の低下などのため、独立した生活が困難で、かつ家族による援助を受けることが困難な60歳以上の高齢者(夫婦で利用する場合はどちらかが60歳以上)が自立した生活を継続できるように、構造面や設備面で工夫された施設となっています。また、入居時の所得制限は特になく、原則として個室で、プライバシーや自立した生活を尊重した構造になっており、食事や入浴、各種相談のサービスの提供のほか、緊急時の対応機能も備えています。

なお、入居者が要支援や要介護の認定を受ければ、介護利用型軽費老人ホームに入居しながら、介護保険法居宅サービスも受けることができます。