機械浴

読み方: きかいよく
分類: 介護|入浴

機械浴は、「特浴」とも呼ばれ、介助において、専用の機械浴用浴槽を利用した入浴方法をいいます。これは、身体の麻痺や拘縮が強く、立ったり座ったりが困難な方などを対象に、専用の車椅子(リフト)に乗ったまま入浴できるタイプや、ストレッチャーに寝たままで入浴できるタイプなどがあります。

一般に機械浴用浴槽は、特別養護老人ホームや身体障害者施設などに設置され、障害の程度に応じた様々な機種が開発されています。なお、機械浴の実施にあたっては、複数の介助者が中介・外介・誘導とそれぞれの担当を受け持ち、利用者の入浴介助を行います。