サテライトケア

英語名: Satellite care
分類: 介護|仕組み

サテライトケアは、住み慣れた地域で高齢者や障害者の生活を支援する方法の一つで、市町村と特別養護老人ホームなどの連携の下、小規模の施設(サテライト)をいくつか設け、介護サービスを提供していくというものです。

また、福祉施設が近隣の小学校区や中学校区にケア拠点を設置し、近隣住民と共に、その地域で安心して住み続けることを支援することを「地域サテライトケア」と言います。これは、大規模施設と地域の両方向から生まれたもので、「逆デイサービス」や「ケア付き共同住宅」、「小規模多機能ケア」、「地域共生ケア」など様々な形で実践され、近年注目を集めています。