社会福祉協議会(社協)

読み方: しゃかいふくしきょうぎかい
分類: 介護|団体

社会福祉協議会は、「社協」とも呼ばれ、1951年に制定された社会福祉事業法(現:社会福祉法)に基づいて設置された、民間の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織をいいます。これは、各都道府県や各市区町村において、地域に暮らす人々のほか、民生委員や児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加と協力のもと、地域の人々が住み慣れた町で安心した生活のできる「福祉の町づくり」の実現を目指した様々な活動を行っています。

現在、社協では、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、様々な場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

市区町村社会福祉協議会

市区町村社会福祉協議会は、最も身近な地域で活動しており、高齢者や障害者の在宅生活を支援するため、ホームヘルプサービス配食サービスをはじめ、様々な福祉サービスを行っているほか、多様な福祉ニーズに応えるため、それぞれの社協が地域の特性を踏まえ、創意工夫をこらした独自の事業に取り組んでいます。

都道府県社会福祉協議会

都道府県社会福祉協議会は、県域での地域福祉の充実を目指し、認知症・知的障害・精神障害等によって自分の判断能力に不安のある方を対象に福祉サービスの利用援助や日常的な金銭の管理等を行う「日常生活自立支援事業」を市区町村社会福祉協議会と連携して実施しています。また、福祉サービスに関する苦情の相談受付け、中立の立場から助言や斡旋等を行うことによって問題解決を図る「運営適正化委員会」を設置し、サービス事業者の適正な事業運営とサービス利用者の支援に向けた取り組みを進め、さらに「福祉サービスの第三者評価事業」にも積極的に取り組んでいます。

全国社会福祉協議会

全国社会福祉協議会は、都道府県社会福祉協議会の連合会として、全国レベルの社会福祉協議会として設置された組織で、全国の福祉関係者や福祉施設等事業者の連絡・調整や、社会福祉の様々な制度改善に向けた取り組み、また社会福祉に関する図書・雑誌の刊行、福祉に関わる人材の養成・研修といった事業を通じて、日本の社会福祉の増進に努めているほか、アジア各国の社会福祉への支援など福祉分野の国際交流にも努めています。