縁戚

読み方: えんせき
分類: ライフプラン|戸籍

縁戚は、「親戚」や「親類」とも呼ばれ、本人の家族を除く、血族姻族の総称をいいます。これは、その家族から見て、血縁や婚姻で生じた関係によって繋がっている(結びつきのある)人々のことを指し、日本では、同族的な家と家との結びつきと、婚姻による家と家との結びつきとを包括する概念となっています。また、似たような用語に「親族」がありますが、親族は血族と姻族との総称を意味し、日本の民法では、6親等内の血族、配偶者3親等内の姻族を「親族」としています。

●血族

血縁のある者、および法律上血縁があると同視される者のこと。

●姻族

本人または血族の婚姻(法律上、一組の男女が合意に基づいて婚姻届を提出し夫婦となること)によってつながる者のこと。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。