頭金

読み方: あたまきん
分類: 家計|金銭

頭金は、分割払いや延べ払い販売で、契約成立と同時に代金の一部として支払う、ある程度まとまったお金(金額)のことをいいます。これは、契約成立の際に、買い手が売り手(相手方)に対して契約実行の証拠として支払うものであり、通常、代金の一部として支払われるものです。また、日常的には、住宅や自動車など高額なものを購入をする際に、ローンでの支払いを選択した場合、最初に支払うことになる「まとまった額の金銭」を意味することが多いです。

例えば、マイホームの取得においては、住宅の建築請負契約時や土地・住宅の購入契約時に支払う一時金(工事着手金、手付金)のことをいい、普通、総建築費用や購入代金の2割程度を頭金として支払うことが多いです。また、生命保険では、頭金制度というものがあり、これは契約時にまとまった資金を活用して、保険金額・給付日額の一部分に対応する保険料を頭金として一時払いするもので、本制度を活用すると、以後の保険料負担を軽減することができ、毎回払込む保険料は、保険契約の全体を月払(または年払・半年払)とする場合に比べて少なくなります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。