返済比率

読み方: へんさいひりつ
分類: 借入審査

返済比率は、「総返済負担率(返済負担率)」とも呼ばれ、年収に対する年間返済額(元金利息)の割合のことをいいます。これは、住宅ローンなどを借りる際の収入基準の一つで、金融機関等では借入条件(融資条件)として、返済比率の上限を設定しており、通常は最大35~40%以内となっています。

返済比率の目安

住宅ローンを組む際に、長期的な返済面のゆとりや確実性を考えた場合、年収の25%以内が望ましいとされます。例えば、年収が800万円で、住宅ローンの年間返済額が200万円の場合、返済比率は「(200万円÷800万円)×100=25%」となります。

返済比率の認識

返済比率は、マイホームの購入に際して、将来的な収入の安定性や子どもの教育費など「中長期の家計支出の増減」も考えて、無理のない資金計画を検討する上で大切な基準(目安)と言えます。

仮に返済比率が高い場合、金融機関等の審査に通らない可能性があるため、購入物件をより安いものに見直すか、あるいは自己資金の割合を増やして借入額を減らすかなどの対応が必要となります。

※住宅ローンにおいて、全期間固定金利タイプ以外のものを利用する場合、将来的な金利上昇により返済額が増加する可能性(リスク)があるので、試算にあたっては高めの金利に設定した方がよい。