株主総会

読み方: かぶぬしそうかい
英語名: General meeting of shareholders
分類: 会社・経営|株主

株主総会は、株式会社において、株主を構成員として、剰余金の処分、取締役監査役の選任、定款の変更、会社の解散・合併などの会社の基本的事項について意志決定を行う最高議決機関のことをいいます。これは、原則として多数決をもって決議が行われ、その種類には、毎決算期に一回開催される「定時株主総会」と、必要に応じて随時開催される「臨時株主総会」の二つがあります。

現在、定時株主総会は、会社法で決算日後3カ月以内に開催しなければならないとされており、上場企業などでは決算発表を終えると、株式を期末時点で保有している投資家(株主)の元に「株主総会のお知らせ」を送付します。その中には「議決権行使書」というハガキが入っており、株主総会に出席できない場合、そのハガキに賛否を記入して返送するだけで議決権を行使できます。また、企業によっては、インターネットで議決権を行使できるところもあります。

なお、日本の上場企業では、3月に決算、6月に株主総会が行われるところが多いです。

株主総会の通常決議

株主総会の議長の選出、取締役や監査役の選任などを決めます。これについては、総株主の議決権の過半数に当たる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半数が賛成することによって成立します。なお、会社定款によって、この要件を変更することが可能です。

株主総会の特別決議

定款変更や会社合併、株式併合株式交換株式移転減資などの重要事項を決めます。これについては、総株主の議決権の過半数に当たる株式を有する株主が出席し(定款によって3分の1まで下げることが可能)、その議決権の3分の2以上が賛成することによって成立します。