減配

読み方: げんぱい
英語名: Dividend decrease
分類: 配当

減配は、前の期よりも配当の額を減らすことをいいます。これは、通常、業績が悪化した時に行われますが、記念配当を止めるという形で実施されることもあり、この場合は、通常の減配と区別して「記念配当を落とす」といった表現が使われます。

一般に会社において、配当の額は、業績が向上する(利益が増える)と増額され、業績が悪化する(利益が減る)と減額されますが、会社の政策(経営方針)として、同業他社とのバランスや過去の配当状況などを考慮し、配当の額が決められることが多いです。

一昔前までは、日本企業では、安定配当を良しとする風潮が強かったため、記念配当を除けば、比較的低い配当性向のもと減配は極力行わないのが普通でしたが、昨今では、欧米企業のように業績に見合った配当を行うところが増え、比較的頻繁に変更するようになっています。