合併比率

読み方: がっぺいひりつ
英語名: Rate of merger
分類: 会社・経営|M&A

合併比率は、合併の際に被合併法人の株主に対して、その持ち株に応じて交付される合併法人の「株式の割当比率」のことをいいます。また、合併とは、二つ以上の会社が契約によって、一つの会社になることをいいます。

一般に企業が合併する際に、合併によって消滅する会社(被合併法人)の株主に対して、持ち株に応じて存続する会社(合併法人)の株式が割り当てられます。例えば、X社(存続会社)とY社(消滅会社)の合併において、合併比率がX社:Y社=1:0.5で合併する場合、Y社株の1株とX社株の0.5株が同じ価値ということになり、消滅会社のY社株を1株持っている株主は、存続会社のX社株を0.5株割り当てられることになります。

なお、合併に際して、株式交付に加えて現金での調整が行われる場合もあり、この現金については「合併交付金」と呼ばれます。