環境報告書

読み方: かんきょうほうこくしょ
分類: 会社・経営|環境問題

環境報告書は、企業や官公庁などの事業者が環境に対して取り組んでいる事柄を世間一般に公表する報告書をいいます。これは、環境保全に関する方針・目標・計画・実績、環境マネジメントに関する状況(環境マネジメントシステム、法規制遵守、環境保全技術開発など)、環境負荷の低減に向けた取組みの状況等(CO2排出量の削減、廃棄物の排出抑制など)について取りまとめ、広く社会に対して定期的に公表・報告するものとなっています。

一般に環境報告書を作成・公表することにより、利害関係者による環境コミュニケーションが促進され、事業者の環境保全に向けた取組みの自主的改善と共に、社会からの信頼を勝ち得ていくことにも役立つと考えられます。また、消費や投融資を行う者にとっても、有用な情報を提供するものとして活用することができます。現在、日本においては、環境省が環境報告を行う際の実務的な手引きとして「環境報告ガイドライン」を発行しており、また国際的には、環境面を含む持続可能性に関する報告書のガイドラインとして、グローバル・リポーティング・イニシアチブ(GRI)の「サステナビリティ・リポーティング・ガイドライン」などがあります。