ヘッドハンティング

英語名: Headhunting
分類: 組織/人事

ヘッドハンティングは、経営者や役員、それに準ずるミドル層、専門家(スペシャリスト)などの「優秀な人材」を外部からスカウトし、自社に引き入れることをいいます。これは、実際の業務面においては、ヘッドハンティング会社(ヘッドハンター)が、人材を必要とする企業の依頼を受けて実施するケースが多いです。

一般にヘッドハンターは、ヘッドハンティングにあたって、企業が望む人材(候補者)を独自の人材データベースやネットワークから探して、その候補者に条件(待遇)面の提示や説得を行います。そして、合意が得られれば、インタビュー(面接)など必要な日程を調整し、最終面接を通じて依頼した企業が採用を決定するまでの「一連の過程」をサポートします。また、その報酬については、事前に企業から一定の金額を受け取って動くケースや、成果に応じて成果報酬(採用者の年俸の15~30%程度)を受け取るケースなどがあります。

かつては、日本において、ヘッドハンティングは外資系企業が中心でしたが、昨今では、日本企業でも活用するケースが増えています。