カルテル

英語名: Cartel、ドイツ語の"Kartell"が語源
分類: 会社・経営|禁止行為

カルテルは、日本語では「企業連合」とも言い、同じ種類の産業(業種)のいくつかの企業(事業者)が高い利潤を上げるために連合し、価格や生産数量(生産計画)、販売地域(販路)などについて協定を結ぶことをいいます。これは、日本の独占禁止法(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律)では、不当な取引の制限として禁止しています。また、公共事業などの競争入札の際に、複数の入札参加者が前もって相談し、入札価格や落札者などを協定しておく「談合」と呼ばれる日本の商慣習も、企業間の自由な競争を阻害するカルテルの一種として扱われます(独占禁止法に違反する他に、刑法の談合罪でも処罰される)。

一般にカルテルには、発覚した場合に当然違法となる「ハードコア・カルテル」と、ハードコア・カルテルではないものの、その性質からカルテルに含まれる「非ハードコア・カルテル」という二つの形態に大別されます。また、前者については、価格カルテルや数量制限カルテル、設備制限カルテル、販路カルテルなどがあり、一方で後者については、特許カルテルや製品制限カルテル、割当カルテルなどがあります。