グリーンメール

英語名: Greenmail
分類: 会社・経営|M&A

グリーンメールは、買収の対象となる企業やその関連会社株式を買収者に高値で売却することを目的に、株式を買い集めることをいいます。これは、当初から経営支配を目的とせず、大きな投資利益の獲得を狙って、マーケット(市場)で特定企業の株式を敵対的に買い集め、プレミアムを乗せるか、もしくは株価を吊り上げて、当該企業や関係者に買い取りを求めるといった投資手法です。また、当初は経営支配を目的として、敵対的買収をするために企業にTOB(公開買付)などを仕掛けたものの、企業側に防衛策を取られて買収側が断念し、途中からグリーンメールになるケースもあります。

なお、株式市場において、グリーンメールを行う投資家のことを「グリーンメーラー」と言い、日本では、かつて小糸製作所の株式をトヨタに引き取らせたブーン・ピケンズ氏などが知られています。ちなみに、グリーンメールという名称は、ドル紙幣を意味する「グリーンバック」と、脅迫状を意味する「ブラックメール」を掛け合わせた造語だそうです。