合併

読み方: がっぺい
英語名: Merger
分類: 会社・経営|M&A

合併は、二つ以上の会社が契約によって一つの会社になることをいいます。これは、M&Aの一形態で、間接部門や工場等の集約化による経営効率化、財務面の資金調達の容易化、市場占拠率の増大による市場支配力の増加などを目的に、複数の会社が合体して一つの会社になることを指します。また、M&Aとは、企業の合併・買収のことで、狭義では、二つ以上の企業が一つになる「Mergers(合併)」と、ある企業が他の企業を買ったりする「Acquisitions(買収)」を意味しますが、広義の概念では、一部株式譲渡、事業譲渡、資本提携等を含めた企業間の提携まで含まれます。

一般に合併方式には、合併の当事者となる会社の全部が解散して、新たな会社を設立する「新設合併」と、合併する会社の中の一つだけが存続し、他の会社は消滅する「吸収合併」とがあり、現在、日本においては、実務的に簡便な吸収合併が圧倒的に多く、新設合併が行われるケースは極めて稀となっています。なお、合併という用語は、元々は「二つ以上のもの、特に組織などが一つに合わさること」を意味することから、日常的には、企業の合併以外に、市区町村の合併などでも使われます。

新設合併

全ての合併当事会社が消滅会社として清算手続きを経ないで解散し、一方で新会社を設立し、合併当事会社の権利義務等の法律関係を包括的に新設会社に承継させる方式。

吸収合併

合併の当事者となる会社のうち、一つの会社を存続会社として残し、その他の会社の権利義務を存続会社に包括的に承継させ、その他の会社は清算手続きを経ないで解散する方式。

三角合併

親会社子会社を通じて他の会社を合併・買収する際に使われ、子会社が他の会社を吸収合併する場合に、親会社の株式等を対価として交付する合併の方式。