効力発生日

読み方: こうりょくはっせいび
分類: 会社・経営|株式

効力発生日は、株主としての権利が発生する日のことをいいます。例えば、公募等の新株発行の場合は、新株の引受人が発行会社に払込金を払い込む最終日(払込期日)が効力発生日となります。また、株式分割の場合は、発行企業が決定する期日が効力発生日となりますが、2006年以降については、基準日の翌日を効力発生日とし、証券保管振替機構を通じて新株がなくとも決済できるようにしています。

ちなみに、株式分割において、このような措置が取られるようになったのは、2005年のライブドア事件などがきっかけとなっています。これは、大幅な株式分割後に、基準日から新株が交付される効力発生日までの約50日間において、発行済株式総数が理論的には増加するにも関わらず、実際に売買できる流通株式数が変化しないため、株式の需給バランスが崩れるなど、投資家に与えた悪影響を問題視したことに起因します。