買い建て

読み方: かいだて
分類: 市場取引

買い建ては、「買建て」や「買建」とも表記され、信用取引や株価指数先物・オプション取引、債券先物取引、商品先物取引、外国為替取引、CFD取引などにおいて、新規に買い付けることをいいます。これは、「将来的に値上がりする(上昇する)」と判断した投資対象を買って、値上がりした時点で売って決済する投資手法で、また決済した時の差額が損益(プラスの時は収益、マイナスの時は損失)となります。

一般にマーケットにおいて、買い建てをするとポジションが発生すると共に、その時々の市場価格(時価)で評価損益が発生します。そして、その後、相場動向を見ながら反対売買(決済)を行うことで、実現損益が確定することになります。なお、ポジションとは、投資家がどのような買い建てや売り建てを行っているかという"持ち高の状況"をいい、また買い建てしている状況を「ロングポジション」や「Long(ロング)」などと言います。