外為ディーラー

読み方: がいためでぃーらー
分類: マーケット|市場参加者

外為ディーラーは、「外国為替ディーラー」や「為替ディーラー」、「FXディーラー」、「Forexディーラー」とも呼ばれ、金融機関(銀行)のマーケット部門に属する外国為替取引を行うディーラーをいいます。これは、外国為替市場において、インターバンク市場でも、対顧客市場でも中心的な役割を果たしています。

一般に外為ディーラーは、外国為替市場の最前線に常にいるため、特に短期で為替レートが変動する際に重要となるマーケット(市場)の需給状況やポジションの傾き、大口取引の情報などが直接得られるため、全ての取引参加者の中で情報面で一番優位に立っています。

金融機関(銀行)のディーリング

金融機関(銀行)では、顧客の「カバー取引」と収益を上げるための「自己取引」の二つが日々行われています。

・カスタマーディーリング:顧客との取引、カバー取引
・自己ディーリング:自己取引

外為ディーラーの種類

銀行の外為ディーラーは、役割に応じて以下の三つに分けられ、世間一般のイメージのある、ポジションを積極的に取って収益を狙う為替ディーラーは「プロプライアトリーディーラー(ポジションテイカー)」を意味します。

・インターバンクディーラー:銀行間の取引
カスタマーディーラー:顧客との取引
・プロプライアトリーディーラー:自己売買の取引

外為ディーラーの情報源

外為ディーラーは、銀行のディーリングルームにいて、常に様々な情報に接しています。

・情報ベンダーの情報端末(Reuters、Blommberg他)
電子ブローキングの端末
・ボイスブローカーやディーラーからの情報
・海外支店のディーリング部門からの情報
・カスタマーディーラーや支店からの実需情報
・銀行内の専門家やリサーチ機関からの専門情報
・国内外の新聞・雑誌・ネットなどのメディア情報

外為ディーラーのディーリング手法

通常のディーリングは、短期取引が中心であり、その手法には「流れ(フロー)」を重視する手法と「方向性(ディレクション)」を重視する手法の二つがあります。

・流れ重視:超短期のスピード売買(鞘抜き)
・方向性重視:タイミングと方向性で差益獲得

外為ディーラーの強みと弱み

外為ディーラーは、為替取引の専門家ですが、実際に収益をしっかりと上げられる人は、その中のほんの一部の人だけです。

<主な強み>

・為替取引の需給状況を知ることができる
・取引の中心にいるため、市場の生の声を聞ける
・実需の輸出オーダーや輸入オーダーを常に把握できる
・外国為替取引の一番の当事者である(先に仕掛けれる)
・情報やシステムの整ったディーリングルームで取引できる

<主な弱み>

・期間内に収益目標を達成するプレッシャーがある
・ロスカットルールが厳密に決められ、取引の制約がある
・同じ雰囲気の中におり、似たようなポジションになることもある
・ディーリングを休めない(相場を休むことができない)