pips(ピップス)

読み方: ぴっぷす
分類: 単位

pips(ピップス)は、外国為替取引において、為替レートが変動する最少単位のことをいいます。これは、ドル/円やユーロ/ドルといった通貨ペアの価格変動を定義するために使用される数値のことを指し、通常、通貨ペアのスプレッド(売値と買値の差)の計算や売買によって生じた損益(利益・損失)を計算する際に用いられます。

一般に「pips(ピップス)」は、異なる通貨単位を共通の単位で表すことができ、例えば、ドル/円では「1pips=0.01円(1銭)」、ユーロ/ドルでは「1pips=0.0001ドル(0.01セント)」となります。

<pips(ピップス)の例>

・ドル/円では、0.5pipsと言えば、0.5銭のことである。
・ドル/円が110.05から110.02に変動する場合、3pips変動(0.03下落)したことになる。
・ユーロ/ドルが1.1500から1.1501に変動する場合、1pips変動(0.0001上昇)したことになる。
・ドル買い/円売りを行い、その後、レートが110.00から110.05に上昇したとすると、市場では5pips変動したため、利益が発生したことになる。