記録関連業務

読み方: きろくかんれんぎょうむ
分類: 年金|確定拠出年金

記録関連業務は、確定拠出年金制度において、運営管理機関が行う主要な業務の一つで、「レコードキーピング」とも呼ばれ、確定拠出年金制度の実施にあたり、加入者の個人別資産残高の記録・管理・提供、加入者からの運用指示の取りまとめ、加入者からの受け取り申請の受け付け、受給権裁定などを行う業務のことをいいます。また、運営管理機関とは、厚生労働省金融庁の承認を受けた、確定拠出年金制度の運営管理を行う専門機関をいいます。

一般に記録関連業務は、システム整備に多額の投資が必要なことから、金融機関は共同で専門のレコードキーピング会社レコードキーパー)を設立し、そこにアウトソースするケースが多いです。現在、日本においては、日本レコード・キーピング・ネットワーク(NRK)と日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー(JIS&T)が二大レコードキーパーとなっています。