基礎年金番号

読み方: きそねんきんばんごう
分類: 年金|仕組み

基礎年金番号は、基礎年金被保険者にあたる20歳以上の国民の年金に関する個人情報を一元管理するために、原則1人に一つずつ付けられた番号をいいます。これは、1997年1月から導入された、国民年金や厚生年金保険、共済組合といった全ての公的年金制度で共通して使用する「1人に1つ与えられた年金番号」のことであり、保険料滞納や加入漏れの防止などが目的となっています。

現在、日本年金機構は、基礎年金番号ごとに氏名や性別、生年月日、住所の4情報と年金の加入記録を管理しています。それまで(かつて)は、加入する制度毎に年金番号が付けられ、制度毎に記録の管理が行われていましたが、基礎年金番号の導入によって、各制度間での情報交換が可能となりました。(転職や退職などで加入する制度が変わったり、また年金を受けるようになっても年金番号が変わらないため、年金相談や年金支払いがスムーズで確実に行えるようになった)

なお、かつての公的年金の年金番号は、各制度によって7桁から12桁までの番号体系となっていましたが、統一された基礎年金番号は、かつての国民年金と厚生年金保険と同様の10桁の数字で表され、「○○○○-○○○○○○」というように、4桁(課所符号)と6桁(一連番号)の組み合わせとなっています。