基礎年金

読み方: きそねんきん
分類: 年金|制度

基礎年金は、国民年金法で定められている基礎的な年金で、全ての国民に給付する共通の公的年金をいいます。これは、高齢者などの生活を保障するために、1986年に導入されたもので、その種類には、老齢基礎年金障害基礎年金遺族基礎年金の三つがあります。その中で、老齢基礎年金については、原則として、20歳以上の国民が保険料を支払い、65歳から年金を受給する仕組みとなっています。

現在、公的年金は、加入する保険(制度)によって、受け取る内容が大きく異なっています。具体的には、国民年金に加入する自営業者等は、老後に定額の基礎年金を受け取るのに対して、厚生年金に加入する会社員と共済組合に加入する公務員については、報酬に比例した年金が基礎年金に上乗せされます。また、会社員や公務員の夫を持つ専業主婦については、保険料を納めなくても基礎年金が受給できる仕組みとなっています。