確定拠出年金

読み方: かくていきょしゅつねんきん
英語名: Defined Contribution Plan (DC)
分類: 年金|制度

確定拠出年金は、「確定拠出型年金」とも呼ばれ、確定拠出年金法に基づき、予め毎月の掛金額を決めておき、積立金の運用成績に応じて、将来に受け取る年金給付額が決まる年金制度をいいます。これは、2001年10月に新しく制定された公的年金に上乗せされる年金制度の一つで、現在、事業主が実施主体となって事業主が掛金拠出する「企業型確定拠出年金」と、国民年金基金連合会が実施主体となり、加入者のみが掛金を拠出する「個人型確定拠出年金」の2種類があります。(企業型確定拠出年金では、2012年から「マッチング拠出」として、企業型年金規約に定めることで個人の拠出も可能になっている)

一般に確定拠出年金は、拠出された掛金が個人毎に明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される仕組みであり、通常、運用がうまくいけば将来受け取る年金額が多くなる反面、運用がうまくいかなければ将来受け取る年金額が少なくなり、「自己責任」が求められるのが大きな特色となっています。

※本制度の導入の背景には、従来の企業年金制度(厚生年金基金等)が、給付額が約束されるという特色がある一方で、中小零細企業には十分に普及しておらず、また離転職時の年金資産の持ち運びが十分に確保されておらず、労働移動への対応が困難であるという問題点があった。

確定拠出年金のメリット

・加入者個人が運用の方法を決めることができる。
・運用が好調であれば年金額が増える。
拠出限度額の範囲で掛金が税控除される。
・年金資産が加入者毎に管理されるので、各加入者が常に残高を把握できる。
・一定の要件を満たせば、離転職時に年金資産の持ち運びが可能である。
・企業にとっては、掛金の追加負担が生じないので、将来の掛金負担の予測が容易である。
・掛金を算定するための複雑な数理計算が不要である。

確定拠出年金のデメリット

・投資リスクを各加入者が負うことになる。
・老後に受け取る年金額が事前に確定しない。
・運用するために一定の投資知識が必要である。
・運用が不調であれば年金額が減る。
・原則60歳まで途中引き出しができない。
・加入者毎に記録の管理が必要になるため、管理コストが高くなりやすい。