基金型企業年金

読み方: ききんがたきぎょうねんきん
分類: 年金|制度

基金型企業年金は、確定給付企業年金の設立形態の一つで、厚生年金基金と同様に「企業年金基金」という法人を母体企業とは別に設立し、年金資産を管理・運用し、給付を行う企業年金をいいます。これは、厚生年金基金の仕組みに準じており、代議員会が議決機関、理事会が執行機関となっており、その設立においては、厚生年金基金が代行返上する場合の受皿の中心となっています。また、確定給付企業年金とは、確定給付企業年金法に基づく企業年金制度で、原則として厚生年金保険の被保険者を加入対象とし、予め定めた算定式に基づく給付を行う年金制度をいいます。

一般に基金型企業年金では、制度の開始にあたって、企業年金基金(特別法人)の設立認可を厚生労働大臣から受ける必要があります。また、設立に必要な加入者数(人数要件)は、原則として300人以上となっています。なお、本年金は、規約型企業年金と比べた場合、母体企業からの独立性が強く、基金自ら年金資産を運用することも可能となっています。

●制度運営

基金事務局での運営で、厚生年金基金からの移行はスムーズ。別途、運営費が必要。

●資産運用

一定の条件のもとに自家運用等が可能。また、福祉事業も可能。

●規約変更

代議員会での議決が必要。