後発過去勤務債務

読み方: こうはつかこきんむさいむ
分類: 年金|会計

後発過去勤務債務は、確定給付型年金において、制度発足後における基礎率と実績との相違(予定利率と運用実績とのズレ等)や、制度変更(給付水準の変更等)により発生する積立不足のことをいいます。これは、制度発足後に発生した過去勤務債務で、制度発足後の給付増額や運用利回りの低迷(予定利率を下回ること)により、事後的に生じる不足分を指します。

なお、後発過去勤務債務に対して、年金制度発足時に過去勤務期間(制度発足以前の勤務期間)を有する加入者の当該期間を通算して給付を行う場合に発生する積立不足のことを「先発過去勤務債務」と言います。