下限予定利率

読み方: かげんよていりりつ
分類: 年金|仕組み

下限予定利率は、厚生年金基金および確定給付企業年金が財政計算(掛金計算)等で用いる予定利率の下限のことをいいます。これは、通常、直近5年間に発行された10年国債の応募者利回りの平均と直近1年間に発行された10年国債の応募者利回りの平均のいずれか低い率を基準として、厚生労働大臣が毎年決定することとされています(予定利率は下限予定利率を下回らない範囲で設定)。

なお、予定利率とは、年金においては、年金数理計算で使用される計算基礎率の一つで、「将来の給付額を現在価値に換算する割引率」と「年金資産の期待運用収益率」という2つの意味を持つ概念となっています。