住居表示番号

読み方: じゅうきょひょうじばんごう
分類: 不動産|住所

住居表示番号は、市町村の条例に基づく住居表示の実施により、住居の表し方を地番を使わないで、街区符号と住居番号で表したものをいいます。また、地番とは、土地登記簿表題部に記載されている一筆ごとの「土地の番号」のことをいいます。

1962年に「住居表示に関する法律」が制定され、土地ではなく建物に街区符号と住居番号を付して住所を表示するという制度が作られ、郵便物等を配達しやすくすることなどを目的に、各市町村の条例によって「住居表示番号」が導入されています。(日本の全ての地域で導入されている訳ではない)

一般に住居表示が実施されても、土地の番号(地番)は変わらないため、土地の地番と住居表示番号は一致しません。なお、不動産の登記事項証明書等の申請に際しては、住居表示番号ではなく、地番を記入することになっています。