住宅地図

読み方: じゅうたくちず
分類: 不動産|図面

住宅地図は、「明細地図」とも呼ばれ、建物名や建物毎の居住者を記載している地図の総称をいいます。これは、一軒一軒の戸主が記された地図であり、役所や運送会社、金融機関、不動産会社などでよく利用されています。現在、出版元としては、ゼンリンが一番有名ですが、その他にも複数社から発行されています。また、縮尺は地域やページ毎に異なり、現在では、ほとんどの地域が1:1,200~6,000、地域によっては1:12,000~18,000となっています。(書籍だけでなく、インターネットの有料サービスでも提供)

一般に住宅地図は、表札や郵便受けによる調査で作成されるため、土地や建物の所有者を示すものではありません。また、編集などの都合上、土地の境界や建物の形状が実状と異なる場合もあります。なお、本地図は、地域の公共図書館にも置いてあるので、必要な場合には見に行くとよいでしょう。