キャペックス

読み方: きゃぺっくす
英語名: CAPEX
分類: 不動産|支出

キャペックス(CAPEX)は、"Capital Expenditure"を略した造語で、直訳すると「資本的支出」のことを指します。これは、単なる不動産を維持するための修繕費用ではなく、「不動産の価値や耐久年数を延ばすための経費」を意味し、通常の修繕費が費用扱いされるのに対して、キャペックスは資産計上され、減価償却の対象となります。

一般にキャペックスは、アメリカの不動産用語から由来し、概念的には、広義と狭義の二つの意味で使われます。広義では、大規模な修繕費や長期的な修繕計画にかかる費用そのものを意味するのに対して、狭義では、不動産や設備を維持するための修繕費用ではなく、1年以上効用が持続する改良を指し、耐久年数によって減価償却される資本的支出を意味します。

例えば、エンジニアリングレポートにおいて、キャペックスは、建築及び設備の各部位の維持修繕・更新について期間や費用を算出し、一定期間における維持修繕に関わる支出を明らかにすることにより、別途調査される経済的側面におけるキャッシュフロー計算上の一助として使用されることもあります。