市街化調整区域

読み方: しがいかちょうせいくいき
分類: 不動産|都市計画

市街化調整区域は、都市計画区域の内の一つで、市街化を抑制することになっている区域のことをいいます。これは、人口及び産業の都市への急激な集中による無秩序かつ無計画な発展を防止しようとする役割があり、具体的には、農地や山林地帯などが中心となっています。通常、本区域では、農林漁業用のある一定の建築物や国・都道府県・指定都市等が建てる建造物などの例外を除き、原則として、建物を建てることも、開発をすることもできません。

現在、不動産取引において、市街化調整区域とは知らずに、土地売買をしてしまうというトラブルが多いことから、不動産公正取引協議会の表示規約では「市街化調整区域。宅地の造成及び建物の建築はできません」と16ポイント(約5.6mm)以上の文字で表示することが義務づけられています。