家屋番号

読み方: かおくばんごう
分類: 不動産|登記

家屋番号は、不動産登記簿表題部に記載される、建物を区別するために付された番号のことをいいます。これは、身近な住所とは別のものであり、公図に基づいて建物の一つ一つを区別するために地番区域ごとに付されたもので、原則として、建物の敷地と同一の番号になります。ただし、同じ地番に二つ以上の建物が登記された場合は、「1番1」「1番1の2」というように「支号」が付されます。また、マンションのように、一棟の建物が区分所有されている場合は、区分された専有部分ごとに番号が付されます。

なお、不動産登記簿の表題部(建物)には、家屋番号の他に、所在、種類、構造、床面積、原因、所有者などが記録されています。